×
  • 白米城物語 

    ¥880(税別)

    やわらかい口当たりに仕上がる米粉と三重県南伊勢町産のこだわり卵を使用し、しっとりとしたカステラに発酵バターをプラスした風味豊かな「米粉のバターカステラ」です。

     

     


    白米城は松阪市大阿坂町にある標高310メートルの頂上に築かれた北畠氏の山城で元の名前を阿坂城と言います。
    200余年にわたって南伊勢を統治していた北畠氏は、応永22年、5万の幕府軍を迎え阿坂城に立て籠もりました。
    この時に、幕府軍の兵糧攻めにあい、水不足に悩んだ北畠軍が、水に見せかけた白米を馬の背に流して、あたかも水が豊富にあるように思わせたと言う白米城伝説が残っています。