1010番地公式ホームページ|松阪市のケーキスイーツ専門店|

★営業日カレンダー★


※灰色は休業日となります
管理はこちら

  (営業時間)
   平日 am10:00〜pm7:00
   日祝 am10:00〜pm6:30
  (定休日)
   水曜日

[TOPへ戻る]

★M E N U★

はじめに

 オーナーシェフご挨拶

トピックス

 1010番地イベント情報

店内喫茶コーナー

 1010番地カフェ

商品紹介

 バースデーケーキ
 武四郎バーム
 白米城物語(カステラ)
 レアン
 松阪鈴菓
 ミルフィーユ
 ロールケーキ
 レモンケーキ
 マドレーヌ
 スコーン
 小菓子詰め合わせ
Members
 会員登録

その他

 店内紹介・MAP
 スタッフ募集


★STAFFブログ★

◆1010番地 武四郎バーム(TAKESIROUバーム)

進物用(箱代込み) 1300円(税別)    御自宅用 1200円(税別)
松浦武四郎(1818〜1888)一志郡須川村出身(現在の松阪市小野江町)「北海道の名付け親」松浦武四郎は、41歳までに6回の蝦夷地の探査を行い、蝦夷地にもっとも詳しい人物として、大久保利通の推挙により開拓使「判官」に任じられます。
明治2年蝦夷地に変る名称として「日本の北にあり、アイヌの人々が古くから暮らす広い大地」という思いを込めて「北加伊道」を提案し、現在の「北海道」の名称が生まれました。
私は、松浦武四郎さんの話を始めて知った時、大好きな「北海道」がとても身近に感じ、旅行はもちろん、お菓子の材料やフルーツに北海道産の物を好んで使うようになりました。
この度、私の親友でもある、北海道札幌市美しが丘にある「ドルチェヴィータ」の安孫子政之シェフとのコラボレーションが実現し「北海道産」にこだわった「バームクーヘン」を販売させていただくことになりました。
遠く離れた「北海道」ですが、松浦武四郎さんが結んでいただいた架け橋を、今度は「お菓子」という形で交流を深められればと願っています。
どうぞ、広大な大地で育った、最高の素材で焼成したバームクーヘンをご賞味くださいませ。

小麦粉(北海道産)は江別製粉のドルチェを使用
米粉(北海道産)は江別製粉のシルキースノーを使用
卵、バター、生クリーム、馬鈴薯でんぷんについても(北海道産)の物を使用しております